弓道へなちょこ日記



スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第1回 世界弓道大会:優勝はフランス! そして日本は予選落ち…

2010/04/25(日) 14:40:01

世界弓道大会、隙あらば見学に行こうと思っていましたが、体調優れず結局、家で寝込んでいました。。。 (肋間神経痛は落ち着いたのですが、最近の異常気象で風邪引いてます)

で、しょうが無いのでブログウォッチング。


国際連盟>「第1回世界弓道大会(東京)」 
http://hello.ap.teacup.com/kyudo/166.html

朝日町の住人の日記>第1回世界弓道大会を観戦して
http://plaza.rakuten.co.jp/asahijuuninn/diary/201004240002/

なるほど、日本予選落ちですか…。



よく比較される剣道/柔道の世界選手権大会の結果はどんな感じなのだろうか? Wikipediaで調べてみよう。

Wikipedia>世界剣道選手権大会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%89%A3%E9%81%93%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A 全14回中、13回で優勝
Wikipedia>世界柔道選手権大会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9F%94%E9%81%93%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A
全27回中、26回が日本のメダルが最多


と、ほか武道は輝かしい成績…、というか「意地を見せた」と読める。


自国開催、しかもルールづくりは日本、審判も日本、ここまで有利な状態で優勝できないなんて、正直ひどい。
ぶっちゃけて「勝ちにこだわっていない」としか言い様がない。

全日本選手権の上位者というのは「採点&的中」の上位者であり、弓道の純粋な「的中」のみの上位者はたぶん違う。そうであるにもかかわらず、「的中」のみの試合を開催し、選手として出場させる、これこそが最大の敗因だったのではないか? きっと選手は「恥ずかしくない射をしよう」と的中以外のことにも大いに気を使って出場したと想像される、しかし、実際は的中しか評価されない。。採点制であればと悔やまれるし、選手に「日本No1の的中者」を選出しなかったことが悔やまれる。

 今回は勝ちにこだわって何が何でも勝たなくてはならない試合だったんじゃないでしょうかね? こんな状態で本当に国際化して、イニシアティブをとっていけるか? ということがとても心配。他国が力をつけてリーダーシップをとり、「国際的なKyudoとはこういうモノだ」という新しい解釈を突きつけられたときに、体裁ばかりに気をとられて正しく対処していけるのだろうか?

次回大会こそ、日本の意地を見せて欲しい。

(今日の個人戦はどうなったのだろう)


コメント

いつの間に / かん

2010/04/25(日) 22:42:50

世界大会、いつの間に開かれてたんですか?っていうくらい、私の周りでは全く騒がれてませんでした。
国際化する時点で、得点制では不公平が生じます(フィギュアスケートがいい例だと思いますが)。的中制こそ、点数をつける上では最も公平だと思います。
その上で、中りにこだわらない大会に何の意味があるんでしょうかね。
学弓連所属の身なので、別団体の競技にあれこれいうつもりはありませんが、なんというか、中途半端ですよね。

なんと不様 / おとの

2010/04/26(月) 10:46:55

十二射四中が予選突破ラインを突破出来ないなんて、なんて面汚しなんだよ
弓連盟は選手の選考基準をはっきりさせないとダメですね

/ kuricha

2010/04/26(月) 16:48:32

>「恥ずかしくない射をしよう」

さぞ大変なプレッシャーの中、イロイロと事情はございましょうが、 的中があった上でこそ伝えるべき事が伝わるのではないでしょうか?
非常に残念な結果でしたね。

言ってくれれば、私が代わりに出てあげても良かったのに、もう少しはマシに・・・(笑

ありゃ、わたしのブログが・・・ / 朝日町の住人

2010/04/26(月) 22:26:35

わざわざリンクを貼っていただきありがとうございます。
何で、閲覧数が多いのか不思議だったのですが、こちらでリンクが貼られていたからなのですね。

さて、日本チームですが、見ていた者としては、十分がんばっていたと思いますよ。
特別演武に出ておられた範士の先生方でも矢を外してしまったりしていましたし、会場の雰囲気は、ものすごい緊張感に包まれた状態でした。
あの緊張感で一番最初に引いて中てるというのは、難しいと感じました。

各国の方の射を見ている限り、日本人以上に八節に忠実に引いておられる方が多いように感じました。
自分は、参加していた人たちのようにあれだけ八節に忠実に引いているか考えさせられました。

長文失礼しました。

/ 名無し

2015/09/22(火) 22:37:14

的中にこだわれよって人は自分が思うに少し違う。
的中にこだわってしまったら点数が無く使う弓が違いあてずらいアーチェリーではないだろうか?
そもそも射てることよりも優先すべきは射型だと思う。これぞ日本という弓道は射型だとおもう礼節を重んじるそれこそ弓道ではないのだろうか?
と私はおもう。

コメントの投稿

名前:
メール:
URL:
タイトル:
内容:


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyudo.blog3.fc2.com/tb.php/422-491ad9e3


ホーム > へなちょこ日記 > 第1回 世界弓道大会:優勝はフランス! そして日本は予選落ち…

(c)デビール田中 : 問い合わせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。