弓道へなちょこ日記



スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小笠原流と小笠原流礼法 (ドロドロ)

2007/10/24(水) 22:50:51

弓道蔵書に遅ればせながら「美しい姿勢と立ち居振る舞い―小笠原流礼法入門」を追加しました。

弓道人としては「礼は小笠原流」と言い、神事や流鏑馬でおなじみです。

ただ、自分は本書を読んでいなかったので、まずは図書館であるかどうか検索してみました。節約ですよ、節約。おぉ、あったあった「図解 美しいふるまい―小笠原流礼法入門」

取り寄せて借りてみるとビックリ、なにやらオネーチャンが「小笠原流礼法宗家 小笠原 敬承斎」という名前で本書書いているじゃないですか。違うんですよ、国際弓連の開会式で弓を引いていたのはもっとオッサン。自分が知ってる宗家はもっと渋いぜ?

んで、まぁ、いつもの小笠原流のサイトを見てみます。
31代 小笠原清忠
http://www.ogasawara-ryu.gr.jp/outline/actual/actual.html

そうそう、このお方ですよ。(そろそろ、オッサン表記は失礼なので改めますよ)
写真の下の方まで読んでいくと興味深い記載があります。

昭和40年代から小笠原流を商売とするコンサルの登場が見受けられるようになりました。商業主義の中で『小笠原流礼法』が指定役務「礼法の教授」として第三者により商標登録されましたが、平成14年小笠原教場に名義変更されました。

『小笠原流礼法』は登録商標です。弓馬術礼法小笠原教場以外の人がこの名称を使用して礼法を教えることは出来ません。


あらあら、つまり、一時偽者さんに占拠されていて、やっと登録し返したのですか。なるほど。なるほど。

さらに調べて見ると2chの過去ログで以下の書き込みを見つけました。(裁判の判例などでは見つけ切れなかった)

610 :名無しさん@恐縮です :2007/08/25(土) 01:19:27 ID:O82k+jO90
えげつないと言えばこれだろう

小笠原流礼法の正統な継承者は小笠原忠清氏だが昭和40年代に小倉藩主家の末裔である故・小笠原忠統氏が自家に一子相伝されたものと称して小笠原流礼法を商標登録してしまった。裁判の結果5年前に小笠原流礼法の商標は忠清氏側に移ったが今も9割以上は忠統氏の後継者側の礼法が教授されている



いや~、やっと理解できました。ドロドロしてます。
我々弓道人になじみのある小笠原忠清氏は無事、「小笠原流礼法」を取り戻していますが、物理的に普及しているのは小笠原忠統氏側の「小笠原流礼法」なのですね。

結局、利用側としては世に言う礼儀作法が身に付きさえすれば良いのかな。
マナーを学ぶならおっさんよりお姉さんの方がうれしいのはわかりますが、弓道人なら私みたいに手に取る本を間違えないように。

-----------------------
小笠原流 (弓道人おなじみの方)
http://www.ogasawara-ryu.gr.jp/

-----------------------
小笠原流礼法 (どうやら商標をかってに使っている様子。WEBには商標の記載なし)
http://www.ogasawararyu-reihou.com/

でもリンク先を見ると十分に成功している様子。
以下は小笠原忠統・敬承斎側の小笠原流のリンク先、お間違いなきよう。

通信教育・がくぶん
小笠原流礼法宗家 小笠原敬承斎監修「身もこころもより美しくなる」通信講座
http://www.gakubun.co.jp/lecture/a16.html

東京聖徳学園
小笠原流礼法の授業が正規の教科として採用
http://www.seitoku.jp/
…弓道部もあるけど…

日経BP 小笠原流に学ぶ ビジネスマナー実践講座
書いてあることは至極まっとう(そりゃそうか)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/ogasawara/


コメント

どこの流派もねえ・・同じなのよ / たぶんおやじ

2007/10/25(木) 21:21:44

武徳会系の小笠原流と二つあるとは聞いていたけど裁判って・・・知らなんだわ
日置流にも口伝書が横領とか竹林でもやはり似たようなことはある。日弓連が一度こけて更に武徳会の再興で日弓連が揺らいだとか色々あるんだわ。さすが武家ですね、お家騒動は付き物か?

やっぱり… / デビ

2007/10/31(水) 22:44:20

なんつーか、所詮キレイ事なイメージを持っていても人が対応する以上どうしてもドロドロした部分がありますな。
当事者でなく見ている分には楽しめるのですが(亀田家みたいですな)

/ 弓

2016/11/19(土) 02:50:12

私は両方の教室に少し通ってみましたが
本家の弓馬術礼法の方々は本家だけに伝えられた形を守る事に重点を置きすぎ、習ってる方の普段の振る舞いもあんまりで、
本家ではない女性が宗家の礼法は、形よりも相手の気持ちをまず考え振る舞うと柔軟性もあり、教える先生も普段の振る舞いも品格があり素敵でした。本家でない事を知り退会し、本家の方に行き、辞めた事を後悔しました。

コメントの投稿

名前:
メール:
URL:
タイトル:
内容:


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyudo.blog3.fc2.com/tb.php/353-cac2a6be


ホーム > へなちょこ日記 > 小笠原流と小笠原流礼法 (ドロドロ)

(c)デビール田中 : 問い合わせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。