弓道へなちょこ日記



竹弓と脂とマッチポンプ

2007/03/07(水) 01:59:49

こないだWEBで以下のような文章を見ました。


分裂勘違い君劇場:シャンプーとリンスと石鹸は使わない方がいい

冷静に考えてみれば、石けんで皮膚の脂を奪い取ってから、保湿クリームで人工の脂を補給するなんて、正気の沙汰ではありません。



この話って、まったく持って竹弓や竹矢でもありませんかね?


石鹸は使わないにしても、必要以上に竹弓をタオルでこすって脂奪ってませんか?? こないだの竹弓ワークショップでは「こすらない」という教えを受けています。必要以上にこすることで竹本来の脂をうばうそうです。で、脂が抜けるので椿油など塗る。正にシャンプーの話と同じマッチポンプってことじゃないかしら?


椿油が竹の内部に残っている脂よりも上質であり、十分に染み渡るというのであれば別ですが、なかなか難しいんじゃないかな?


コメント

「こすらない」という教え / ゆるみ離れ

2007/03/07(水) 20:30:22

竹弓最大の敵、湿気から弓を守るには、やはり布等で拭くのが確実なのではないでしょうか?竹弓専用の部屋で常に適温適湿を保てれば最高でしょうが、私のような庶民には無理な相談です。
私は「温かくなるまで拭け」という教えを受けましたので、使用の前後は日本手ぬぐいでそのように拭いております。油類は補充していませんが、特に問題はございません。
よろしければ、柴田師の「こすらない」というお教えを詳しくご教示下さい。

こすらない / デビ

2007/03/07(水) 21:14:54

湿度の話はその際聞けなかったのですが、私がうかがったのは以下の理解です。
「竹自身が十分な油を持っており必要以上に擦ったりする必要は無い。拭きすぎる事で竹本来の油をとりカラカラになってしまい、しなやかさがなくなる」
とのこと。つまり、埃がつきやすくなったり、強いてははじきやすくなるのでしょう。

湿度から竹弓を守ることを前提に竹弓を拭くとなると、「冬は拭かない」「これから梅雨の期間は若干拭く」となりますかね。油が抜けて水分を弾きにくくなることのほうがリスクが高いかもしれません。

あ~、科学分析して、竹の水分吸収力や、乾布摩擦によってどの程度水分を飛ばす事ができるかなど分析してみたい~。

弓をふく / ポン酢

2007/03/07(水) 23:06:28

なぜ拭くのか、ということについては人前に出る際、クスネの付いた弓で引くのはいかにも手入れ不足である。と説明を受けたことがあります。
拭くという作業に、後天的汚れのクスネやギリ粉汚れを落とす以外の必要性は私には感じられません。
また摩擦で暖めると良いと言う理論の根拠はどこから来ているのでしょう?
人のからだと同じ様に、暖めてコンディションを整えると言う理屈なら、乾燥しているから保湿剤を塗り込むと言う作業も必要な気がします。

竹の油 / 勝ちトンボ

2007/03/08(木) 05:37:33

油は水を寄せ付けるものではないですよね?
その油分を拭き取ってしまって乾燥させれば反対に水分を吸いやすくなるのではないでしょうか?

ここに書くべきではないのでしょうが(←デビさんごめんなさい。)反対に暖かくなるまで拭いているのはなぜでしょうか?

この話題でスレでも立てますか?w

骨董屋に行けば・・・ / ワカクワ

2007/03/10(土) 12:39:14

 もしかしてもうレスするには遅いかな・・・。
 たまに骨董屋なんかに行くと、明治、大正、昭和初期の弓が置いてあることがあります。中には江戸時代のものまであります。大半の骨董屋さんは刀や三味線、琴や掛け軸の保管方法は知っていても、弓の保管方法まで知っている方はまずいません。
 こんな骨董屋にある竹弓で、何十年と手入れをされていない竹弓(もちろん白木)でも引けるものは少なくありません。
 上記の事実からすると、拭くことがどれだけ価値あるメンテナンスかかなりの疑問が残ります。ましてや、昭和初期以前の弓は、例外なくニベ弓であり、現在主流の合成接着剤より湿気には弱いはずです。

一つだけ思った / デビ

2007/03/14(水) 02:39:04

掲示板の収束は枕流さんの言葉でおまかせしておいて、一つだけ思った。「竹弓にカーワックス塗るのってホントに流行っているの?」
めちゃくちゃ抵抗あるなぁ~、弓師もすすめてるってことはホント流行ってる予感。

ビカビカ光ってかっこよすぎたりしないかしら。

…竹弓は奥が深いねぇ。

こういう事でしたか。 / 弓遊び

2007/03/14(水) 12:39:23

デビさん。
日記を読みちょっと思ったのですが、『こすらない』という前の文章が抜けているんじゃないですか?

『必要以上に』とか、『新弓(古い枯れた弓)の時は』とか…


ただ『こすらない』だけだったんで、全くこすらない。全く拭かない。と受取っちゃいました。

コメントの投稿

名前:
メール:
URL:
タイトル:
内容:


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyudo.blog3.fc2.com/tb.php/302-c3a5201e

竹弓を拭き殺す!!

昨日書いた「清芳」ちゃんをメインに試射(だって弦も新しいんだもの~)まずまずの中りで納得です。Pureな竹弓に比べて少々の反動があるように感じました。まぁ許容範囲といったところでしょうか・・・さてさて、先日我が友デビール田中氏がやっているブログで「竹弓を拭..

  1. 2007/03/09(金) 03:04:38 |
  2. 弓引きレポート


ホーム > へなちょこ日記 > 竹弓と脂とマッチポンプ

(c)デビール田中 : 問い合わせ