弓道へなちょこ日記



弓道誌の11月号メモ

2006/11/25(土) 07:42:17

弓道誌11月号が届きました。弓道サイト閲覧者に影響がありそうなネタが3つほどあったのでトピックスとして掲載しておきます。

■どうやら国体の参加者が変わるそうだ。(基本的に縮小)
 平成20年大分国体より
  成年男子:選手・監督込みで3名 x 30チーム(旧47チーム)
  成年女子:選手・監督込みで3名 x 24チーム(旧16チーム)
  少年男子:選手3名・監督1名 x 19チーム(旧20チーム)
  少年女子:選手3名・監督1名 x 19チーム(旧20チーム)
  
  成年男子も人数削減、、群雄割拠の時代突入か。
  成年女子は増員。将来は成年男子と同数になりそうですね。

■全国女子弓道大会は大会中止
  って全何回開催されたんだろ?

■三十三間堂大的全国大会に申込み締め切り人数2000人まで
  確か昨年までは人数制限なかったはず。
  近年人数増で運営側が悲鳴を上げていたから適切な判断かな。
  成人諸君は参加登録を急げ!


コメント

/ りくぶう

2006/11/29(水) 04:11:27

国体の成男の枠削減は不評です。
理由としては、ブロック大会で成男、成女、少男、少女の全てで負けてしまった県は…国体に参加出来ないじゃないか!との声がちらほら
確に国体は全て県が顔を揃えても良いと思います。
自分の県が国体弓道競技にいないのは淋しいですね。
ちなみにインターハイは沖縄インターハイを最後に、県開催からブロック開催になります。東北インターハイ、関東インターハイといった感じです。

インターハイ / デビ

2006/12/01(金) 08:28:46

インターハイの話は知りませんでした。
全国大会はブロック大会代表者になるのでしょうかね。

なかなか弱小スポーツへの風当たりは強くなってきますね。

/ りくぶう

2006/12/03(日) 04:20:31

インハイはブロックにした方がいいんです。

一県で行うと県の財政が…宿泊施設も多数の県での開催のほうがメリットあります。
またマイナー競技は多数の県開催の方が教員数、手伝いの生徒が確保できたり

それとブロック優勝が参加とはならないみたいです。

/ デビ

2006/12/21(木) 22:30:52

>■三十三間堂大的全国大会に申込み締め切り人数2000人まで

自分で書いておいてあれですが、どうやら申込み締め切りが「11/10」までだったらしいです。急がしてもまったく間に合いませんでした。申し訳ない。この月は更新の月だったので振込みが遅くなって弓道誌が来るのがおそかったんだなぁ。。と。

コメントの投稿

名前:
メール:
URL:
タイトル:
内容:


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyudo.blog3.fc2.com/tb.php/281-a0932d10


ホーム > へなちょこ日記 > 弓道誌の11月号メモ

(c)デビール田中 : 問い合わせ