弓道へなちょこ日記



竹弓曲がった その2

2005/08/01(月) 23:59:59

先日、竹弓の癖が出始めた事を報告したのですが、その後はあまり話をしませんでした。なぜなら「グラス弓を使っているから!!」でう。

いや~、グラスって張って直ぐ使えるし、癖も出にくいし、少々雑に扱っても平気なので、すばらしいですね。

でも、今晩は封印された竹弓の再起に向けて戦うのでした。
その1:購入当初に写した弓の姿と今の弓を重ねる
その2:使っていない弓型矯正器をつかう

とりあえず、その1で、弓の形を確認すると、かな~り、手下が立っている様子。ここは師匠に教えてもらったとおり、手拭いで擦りながら押す事である程度当初の形に近づける。結構張顔が変わっている事にショック。

出木については、最近ヒートアップしており、弓を張った段階で直ぐにわかる感じ。てことで矯正器を目付節の4cm程度上にセット、弦も入木側に2cmくらい弦が通るあたりで固定しました。というか、この矯正器の弓を挟む側に余裕が無く、この位置にしか固定できないのだ。上下セットだったが、末弭側に着くと思われる木については弓を挟めない始末。う~ん、不良品つかまされたよ。しかたないので追々削ろう。

さて、竹弓はどうなるのか? こうご期待である。

そうそう、関板の周りにはきちんと紐を結んで弦が切れても首折れを防止するように対策はしておきました。


コメント

コメントの投稿

名前:
メール:
URL:
タイトル:
内容:


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyudo.blog3.fc2.com/tb.php/175-44665581


ホーム > へなちょこ日記 > 竹弓曲がった その2

(c)デビール田中 : 問い合わせ