弓道へなちょこ日記



「人は消去法でしか学べない」=弓道修練の極意か?

2009/11/07(土) 18:52:29

今日の新聞を読んで弓道修練の極意を知った(気になった)

朝日新聞の土曜版のbeに「勝間和代の人生を変えるコトバ」という連載があるのだが、「人は消去法でしか学べない」というタイトルでこんなことが書かれていた。

 この言葉は、脳科学者の池谷裕二さんから教えてもらいました。

私たちが何か新しいことを学ぼうとする時、例えばどうやったらコップをつかんでうまく口に運べるかなどということについて、正しい方法を一気に学べるものではありません。さまざまな方法を試してみて、うまくいかなかった方法を消去し、うまくいった方法だけを残して次回からうまく再現できるようになって、ようやく学習するという仕組みを表しています。

 つまり、何かの達人はなぜそれが効率的にできるようになったかと言いますと、さまざまなことを試して、うまくいかなかった方法とうまくいく方法を瞬時に区別できるようになったからです。ほとんどの人はそれができないので無駄な動きや無駄な考え方が多くなり、時間がかかってしまうと言うことでした。

- 省略 -

 すなわち、私たちが新しい行動週間や考え方を身につけようとした場合、いくら他の人から「これが正しいのだから、これをしなさい」と言われても、なかなかその通りにできないのは、自分でさまざまなことを試して、その正しさを消去法で身をもって体験しない限り、その方法は身につかないからです。

- 省略 -

 だからこそ、回り道のようですが、さまざまなことを試し、たくさん失敗をして、まるで塗り絵を塗りつぶしていくように、最後に正しいやり方が残るような学習をお勧めしたいと思います。



つまり、自分の気づいた悟りは、
うまい指導者がいくら正しい射型を指導しても覚えん
ということだ。自分の中で色々な射型を試行錯誤した上で、指導を受けなければ意味が無いと。
師匠の教えを聞いても、す~~ぐに忘れてしまっていたのはこういう理由からだったのだ。

弓道修練の極意は、「基本的を習ったら引き方を少しずつ変えて色々と試してみる、その中で自分で正しいと思う射(中る射)を、何度もなぞり覚える。師匠には、その様々な引き方の正誤のヒントをもらう(師匠の射からヒントを盗む)」っと、こんなことなのだと思う。
分かっている人にとっては当たり前のことなのだろうが、今日は目から鱗が落ちた気分になった。


月例会は別件で行けなかったので、来週からの練習が楽しみだ。


※来週になったら全文載るかも。。
--------------
勝間和代の人生を変えるコトバ
http://www.asahi.com/business/topics/katsuma/


「ふざけて矢向けて」アーチェリーの矢が眉間に刺さる

2009/11/05(木) 23:07:48

11/08 追記
矢が刺さった高校生の子がお亡くなりになったそうです。
今回の事件を肝に銘じて真剣に弓と向き合うと共に、周囲へも安全管理を広めていきます。
ご冥福をお祈りします。

asahi.com>眉間にアーチェリーの矢、重体の高2死亡 東京
http://www.asahi.com/national/update/1108/TKY200911080071.html

 東京都目黒区の勤労福祉会館洋弓場で4日、アーチェリーの練習中に別の生徒が放った矢が刺さり、意識不明の重体となっていた私立高校2年の男子生徒(16)が8日午前5時すぎ、入院先の都内の病院で死亡した。

 目黒署によると、4日夕、東海大付属高輪台高校アーチェリー部2年の男子生徒の眉間(みけん)に、一緒に練習していた別の男子生徒(17)が放った長さ約70センチのカーボン製の矢が刺さり、外傷性脳出血などで意識不明になっていた。矢を放った生徒は同署に「ふざけて弓を向け、過ってひいてしまった」と話しているという。同署は学校や施設側からも事情を聴くなどして調べている。


------------------------
アーチェリーで再び眉間に矢が刺さる事故が、、

"ふざけて"なんて、言語道断。ふざけて人殺しできる道具を扱うな!

弓の凶暴性を忘れてしまって、怖がらせてやろうとでも思って弓を引いたのか、高校生の頃の自分と照らし合わせれば気持ちはわからないでもないが、それを弓でやってはいけない。その矢がいかに重いかを理解しなくては。絶対に人に向けてはいけない。

彼一人がふざけたおかげで、矢の刺さった子は重体にもなり、弓界のイメージダウンにもつながるだろう。またアーチェリー場・弓道場の貸し出しについても今後は未成年には監督者同伴でないと不可になる可能性は高い。さらには、「事故が起きたら責任とれないから、弓の施設は作らない・作っていても使わせない」などという意思が公共団体側に持たれる可能性も高い。(ホント大迷惑)
 射た本人も退学や業務上過失致死傷罪による5年以下の懲役なども覚悟しなければならないし、親友も一人失うことになり、これからの人生も大きく狂ってきてしまうだろう。親も大変だ。

弓を扱うということは、様々な責任を持って一矢を引いていると肝に命じなければならない。
自分も事故に対して再度心を引き締め、弓道でも同様な危険が起きないように少しでも啓蒙活動をしていきたいなぁと。でも、ふざけた子供の事故防止対策なんて難しい。運転免許の書き換え時の「事故は怖い」ビデオみたいに、「ふざけた一矢で人生崩壊」的な、わかりやすくって怖いお話でも作ろうかしら。

刺さった子の回復を祈ります。

asahi.com> アーチェリーの矢、眉間に刺さる 東京の高校生、重体
http://www.asahi.com/national/update/1104/TKY200911040434.html

4日午後4時50分ごろ、東京都目黒区目黒2丁目の勤労福祉会館の洋弓場で、東海大付属高輪台高校アーチェリー部2年の男子生徒(16)にアーチェリーの矢が刺さった、と119番通報があった。目黒署によると、別の2年の男子生徒(17)が放った矢が男子生徒の眉間(みけん)に刺さったといい、生徒は意識不明の重体。

矢はカーボン製で長さ約70センチ。矢を放った生徒が自ら携帯電話で119番通報した。この生徒は「過って弓をひいた」と話しているという。

同署や捜査関係者によると、2人は同日午後4時20分ごろから洋弓場で練習を始めた。重体の生徒が的の方へ落ちた矢を取りに行こうとした際、矢を放った生徒がふざけて弓を構えたところ、何らかの原因で矢が発射されてしまったという。2人の距離は数メートルだったとみられる。

同校によると、アーチェリー部は男女13人が所属し、過去には全国大会への出場歴もある。普段は校内の廊下や校外の射場を借りて練習している。必ず顧問が付き添い、校外での練習は学校への届け出も必要とされているが、この日は生徒だけの「自主練習」で届け出はなかったという。

TBS News i>アーチェリー事故、「ふざけて矢向けて」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4276027.html

東京・目黒区のアーチェリー場で高校2年の男子生徒に矢が当たり、意識不明の重体となっている事故です。矢を放った同級生が、「ふざけて矢を向けていたら、誤って発射してしまった」と話していることが警視庁への取材で分かりました。

男子生徒は自分の矢を取りに行くため通路を通っていたときに同級生の放った矢が額に当たり、倒れたということです。

この事故は4日の夕方、東京・目黒区のアーチェリー場で、東海大学付属高輪台高校アーチェリー部に所属する2年生の男子生徒(16)に同級生(17)が放った矢が当たり、意識不明の重体となっているものです。

警視庁によりますと、男子生徒は眉間に長さ70センチの矢が刺さっていて、およそ3メートルの至近距離から放たれたとみられています。

さらに、その後の警視庁への取材で、矢を放った同級生が「通路を歩いていた男子生徒にふざけて矢を向けていたら、誤って発射してしまった」と話していることが分かりました。

学校によりますと、2人は親友同士で仲がよかったということですが、事故が起きた時は自主練習だったため、顧問の教師などは立ち会っていませんでした。警視庁は、さらに関係者から事情を聴いて調べています。(05日18:02)



ホーム > へなちょこ日記 > 2009年11月

(c)デビール田中 : 問い合わせ