弓道へなちょこ日記



弓道界の規制

2009/08/16(日) 17:48:56

噂でしかないですが、一部で「和帽子禁止」「FFひむかの弦禁止」などという動きがあるそうです。
和帽子、FFひむかなどの最近の弓具が弓道ではないと言うのなら、グラス弓、アルミ矢、合成弦も禁止すべきじゃないでしょうか? 最近は竹弓にもカーボンが入り、それらは技術進歩として認めているのなら、別に同じじゃないでしょうか?
中学の武道必修化、国際化における普及においての問題点である、「習得への時間超過」「弓具不足」などに答える製品・技術改良だと思うのですけどね。


参考にアーチェリーを見てみると、リカーブボウとコンパウンドボウとで競技が分かれています。
滑車のついた弓を引くコンパウンドボウでは、機械式に離すリリーサー(発射装置)を使用可。
滑車の無い弓を引くリカーブボウは、リリーサーを使用不可。

アーチェリーを参考に競技を分けをシュミレーション
・伝統弓道部門:竹弓・竹矢・麻弦・堅帽子のみ使用可。(カーボン内蔵竹弓も不可)
・近代弓道部門:グラス弓・アルミ矢・合成弦(FFひむか含む)・和帽子/堅帽子使用可。

上記の様に競技を分けると、弓道界の大多数をしめる高校生弓道家は近代弓道部門のみとなり、伝統弓道部門はあっさりと衰退するでしょう。

------------------------
別に、そういう伝統弓道だけの大会もあっても良いと思いますが、狭い間口をより一層狭める努力をするという考え方は弓道の衰退を早めるだけであり、百害あって一利なしだと思われます。


クマさんのまだまだ弓道:やれやれ…

 さて、今日の講習会で驚くべきお話を伺いました。
 それは、さる講習会で、講師の先生が
「全日本弓道連盟では、弓を引く際に『堅帽子の弽を使用するものとする』との新たな規定を考案中である、
とのお話をなさったとのことです。
 つまり、これは、
「和帽子禁止令」
ということですね。
 但し、高体連所属の選手に関しては、そちらに任せる、ということのようなので、ちょっとだけ一安心。

弓道座談会 > 弓具・設備編 > FFひむかが使えなくなりそう・・

3年くらい前からFFひむかを使ってますが最近地元の連盟の先生の提案で「手入れのいらない弦では弓道の質が落ちる」ということで審査では使えなくなりそうです。
近々試合でも使えなくなりそうな方向で話しが進んでいます。
皆さんの地区ではどうですか?



ホーム > へなちょこ日記 > 2009年08月

(c)デビール田中 : 問い合わせ