弓道へなちょこ日記



ユガケの名称

2009/05/18(月) 03:14:07

Kyudoブログ~加藤弓具店のスタッフブログ : 修理の時に使うユガケ部品の名称
http://blog.livedoor.jp/kato_yugake/archives/659577.html

先日、伺った際もお話いただいていた話なのですが、カラフルユガケがすごく分かりやすい。(あれで道場じゃぁ引けないですな)
弓道関係の言葉は、非常に混乱が多いので、言葉の統一見解はしてほしいところです、よく掲示板でも言葉のカケ違いが多々起きている様子。

うちの辞書・ユガケの名称はこつこつ修正しなければ。


宮城県の小斎鹿島神社のやぶさめというのが面白そうだ

2009/05/16(土) 18:47:30

以下のBLOGを読んだだけなのだが、宮城県の小斎鹿島神社のやぶさめというのが面白そうだ。

http://senndai-tabi.seesaa.net/article/115373715.html

何が目を引いたかは、最初上記BLOGの下にある「かりがねデザインの的」だ。

雁金と言えば、昔の上物竹弓に押される印だと聞いており(紅葉重ね・離れの時機・弓具の見方と扱い方)、「雁金ってのは弓道と関係あるのかな?」っと疑問に思い始めた所だ。

しかし、昔の本などにあたれていないので、な~んで、雁金に関係があるのかは不明のままだ。今後の楽しみが増えた。

他にも読んでみると「目隠しをして宮司が矢を射る行事」などもあるらしく。中々に面白そう。


デビール田中にゴッド山田よりメールが届く(スパムだが)

2009/05/15(金) 00:00:01

こんなスパムメールが来た。

From: ゴッド山田
Subject: あなたの親友、山田です!

どうも。ゴッド山田です。

あれ、教えてもらったアドレス間違えてた?
ひょっとしたらフィルタリングの関係でメールが
ちゃんと届いてないんじゃないか?
・・・とか、色々と心配になってしまい
夜もおちおち眠れなくなってしまいましたので
念のためもう一度だけ再送してみることにしてみました。

今後は届いているでしょうか?
こちらが移転したサイトです↓
http://○○○.com/godyamada/

なんか自分の作ったホームページをただただ君に見て欲しくて
ものすごい頑張ってる健気な自分にちょっと興奮。
思わす鏡の中の自分とキスしちゃったりしてしまったよ。
こんなこと言えるのは親友の君だけだから…。

では、用件のみですが、
これからもよろしくお願いします。



もちろん、スパムなんだけどさ、「デビール田中」と名乗るメールアドレスに「ゴッド山田」からメールが着たら、読んじゃうジャン。。。。どこのバカチンだこいつは。。。
あ~、言っとくけど、この人のサイトはホント、スパムサイトなので探したり、アクセスしたりしないように気を付けてください。(雑誌の後ろによくあるような、金と女をゲットしてウハウハするにはまず連絡を! 的なサイト)


あ~、ひどい冗談だ。。私のメールアドレスはスパムではないので受け取ってください…。


激安で竹弓・竹矢を作る方法

2009/05/14(木) 23:50:10

タイトルはつかみですが、以下の方法で100円あれば、"ミニチュアの"竹弓・竹矢が作れるようです。
うちのペーパークラフトの的とあわせれば完璧だな。。






※再生する場合は画面上の【再生】ボタンをクリック
※流れるコメントを消したい場合は再生後表示される右下ツールバーの噴出しアイコンをクリック


加藤弓具店

2009/05/03(日) 09:45:34

GWは三重の実家に里帰り。(兄貴の見舞いやら色々こみこみで)

20090501_kato.jpg
でまぁ、せっかく名古屋にも足を伸ばしたので、毎年デビ杯でもお世話になり、最近サイトも開設した加藤弓具店さんにお礼がてらがてら挨拶に伺った。(…今年もよろしくの意味も無いとは言わないが…)

加藤弓具店さんは「弓具店」を名乗ってはいるが、小売は基本的にやっていないユガケ専門の卸さんだ。ちょうど今の季節は新入部員対応に大忙しのてんてこまいの時期で…、ついつい世間話で長居してしまい、ご迷惑をおかけいたしました。

さて、ユガケに関して目から鱗だったのは、「もう少し気軽にユガケも購入したら良いんじゃないかな?」というお話しでした。例えば6万の予算で、必要以上に職人技に走ったユガケではなく、3万くらいのものを1つ買って、また、その内3万くらいで予備を仕入れて交互に使うってこと。

「『かけがえのない』とは言うけれど、ユガケも消耗する道具。しかも革製品なのでやっぱり十年~数十年も1つを使うよりは、予備もきちんと準備して、不測の事態にも対応するべきだし、仮に故障した時も自己流でやっつけで修理するよりは、予備も使いつつきちんと修理する(修理に出す)などした方が結局長い間使えるんじゃないかな?」と。

気軽に色々お話しいただきましたが、自社の商品の品質(革の選択、造り)に自信がある言葉として重みがありました。(ユガケ屋さんは皆思っていることなのかもしれません)

サイトと同時にブログも開設し、上記の話に絡むような『20年ほどはすべてちび小唐の革で作られてる』など、革に関しても早速気になる話もあり、今後の展開にも期待です。(大唐・中唐・小唐ってのが、ただの上中下ってのは知らなかった…。結局今は皆良質な物を基本的に使ってもらっているのね。)

ということで、1つしかユガケを持っていない自分としては、嫁さまに読ましたい日記をつけてみました。ここは2つめのユガケへの予算化を…。(って、そういや弓の修理代とか、ボーナスカットとか、子供の養育費とか。。お金は沸いてこないことも思い出した…。しばらくは1つでがんばるか。)


--------------------------

そういえば、訪問者数のぼやきに答えたBLOGがいくつもあり、早速効果があった様なので併記してみました。やはりユーザは弓具屋さんにはがんばってもらいたいと思ってますね。

■加藤弓具店BLOG
ユガケの漢字、弓具店と弓道具店
増加中でございます。

■応援サイト
22年ぶりの弓日記お嘆きのようなので。。
KAZUUの場合加藤弓具店
弓道我人生加藤弓具店



ホーム > へなちょこ日記 > 2009年05月

(c)デビール田中 : 問い合わせ