弓道へなちょこ日記



平成 21年  [第1回世界弓道選手権大会] 延期

2007/11/08(木) 02:12:24

月刊「弓道」2007年11月 [第690号]が届きました。読んで吹いた。

月刊「弓道」2007年11月 [第690号] P25 平成19年 第4回理事会

平成21年度は全弓連の創立60周年記念行事と重なる事に加え、全弓連行事と国際弓連行事は別に考えた方がいいのではないかという見解が示され、多角的な観点から同時期に実施されるのは困難と見られる。以上から、平成21年に世界選手権を実施する案は見送られることとなった。



いや~、60周年と世界選手権とどちらが優先かと問われて60周年ですか。世界選手権大会は10年に一度は中止が決定されましたよ。

世界選手権をつぶして、何をやるかと言えば60周年記念事業「第一日目は式典・表彰と演武、祝賀会。二日目は高段者祝射や、地連代表祝射。記念誌の刊行」だそうです。似たようなの今年国際弓連でやったじゃん!

国際弓連も出来て盛り上がりつつあるのに、世界選手権を早く開催してしまったほうが良くないのでしょうか? そもそも、上記の様な理由で海外の選手には何と説明するのでしょうか?
はっきり言って全然納得できないと思います。と言うか、

「弓道の世界選手権大会って軽!!」

っと思われるのがオチなのですが。。。。
ちなみに、今の”日本語しかない”国際弓連のサイトでは

「平成 21年  [第1回世界弓道選手権大会] (予定)」

とまだ残っていました。一生懸命日本語で読んだ海外の人は涙目ですね。その大会は潰れたんだよ…。

ちょっと読んでがっくりの理事会のお話でした。



ホーム > へなちょこ日記 > 2007年11月08日

(c)デビール田中 : 問い合わせ