弓道へなちょこ日記



高校弓道部副顧問の胸に矢刺さる

2007/08/25(土) 05:47:46

また痛ましい事故が起きました。


高校の弓道練習で矢が生徒の頭に刺さる http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070824-246389.html

24日午後0時55分ごろ、山口県周南市の県立南陽工高で、弓道部員の3年男子の放った矢が、副顧問の男性教諭(38)の右胸に約3センチ刺さった。10日間の軽傷で教諭は「自分の不注意で生徒に迷惑をかけて申し訳ない」と話しているという。

 周南署や高校によると、この日は26日の試合に向け、午前9時から練習。事故当時は、3人の部員が屋外に置かれた約60メートル先の的に向かい、交代で1本ずつ矢を放っていた。教諭は的から約3メートル離れていすに座っていた。矢はカーボン製で長さ約96センチ。



前回ニュースになったのが今年の6月9日、2ヶ月チョットしかないのにこの事件。しばらく弓道の事故はニュースになるとマークされる恐れありです。
「弓道は危険」とレッテルを貼られ始めている気がします。もちろん危険な武道なのですが、ルールを守り、危険意識を常に働かせておけばむやみやたらに事故につながることはありません。
弓道ヒヤリハット」の投稿を沢山いただき、見ていても「油断」が大いに危険行為につながっている様です。

不自由になる前に自衛し、再度気を引き締めて練習に励みましょう。


mixi

2007/08/23(木) 01:42:39

今日は知り合い二人よりmixiでのマイミク申請があった。
マイミクってのは詰まるところ、お友達紹介みたいなものだ。(多分)

mixi...一応友人に誘われるまま入会(1年遅れだったけど)して、早どれくらいだっけ。ぶっちゃけた話全然ログインしていない。
何と言うか、個人情報を友人だけに公開するとか設定できるのだけれど、元々赤裸々に公開している自分としては何一つ代わり映えしないのだ。

mixi内にも沢山弓道コミュニティがあるので、今日は勢いに乗っていくつか弓道コミュニティにも登録してみた。トピックをメールやRSSで配信してくれるサービスはないのかな?

今後もちょくちょくログインするかどうかは定かではない。。。


夏休みの推薦図書:弓執る心

2007/08/21(火) 02:29:00


学生など夏休みはあと少しですね。こんな時期ですが、最近のお勧めの弓道本を紹介しておきます。私も出張など移動中にチマチマ読んでます。非常に読みやすい。

私がお勧めするポイントは、「弓界の指導上の間違いを指摘している点」です。(理不尽な教えを受けている人や、これから指導者になる方には楽しめる本だと思います)こういった本の様にある程度権威ある人が「間違いは間違い」と書いてくれると、お年を召された方や目上の方に対しても説明・説得しやすいのではないかと。
もちろん、今村範士の半生や、技術論についても大変勉強になることも補足しておきます。

さてまぁ、お勧めポイント「弓界の指導上の間違いを指摘している点」を抜粋しておきます。

・ところで、肩入れという事は、右手が右乳辺りまで引き分けることであって、常のごとく右肩まで引き分ける事ではない。(P68)

・矢束がとれているか否かは、両肩が展開しているか否かを、見届けて決めるべきであって、口元と本矧との関係ではない。~省略~。一概に本矧で矢束を判断するのは誤解であると思う。何でも我が身の物差しで押し通す事は考えものである(P84~P85)

・さて、続いて疑問に思うことは、いまだに爪揃えを強要する指導者がおられることである。~省略~。正面打起しには、全く爪揃えは無関係のものであるということも書き添える。(P100~P101)

・執弓の姿勢の場合『両手は相対し、円相となり』とあるのをそのまま円相と思い込み、打起しにその構えを実行して行うとしていることである。(P105)

・よく肩胛骨を着けよと指導しているが、引分け中は絶対に着くものではない。またもし着くとしたならば、無理な力が方に入り不伸びの原因となる。(P123)

・引き分けて後、「肘を後ろに回せ」とか「締めろ」とか注意するのを聞くが、肘を回そうとすると体の平行に力が働かないから、右腕は後ろ方向に力が働き矢飛に変化を与える。(P124)

意外に最初の「弓の強さ=弓2張りを肩入れ」という話における肩入れの話ってのは「弓2張りを"素引き"」と誤解されていることが多いのではないでしょうか?
素引き≠肩入れ ですよね。
お店とかで「肩入れしてよろしいですか?」と聞いて、「はい」といわれた後いきなり"素引き"しだすと、弓ぶっ壊して弁償させられますよ。(自戒を込めて)


----------------
弓道蔵書紹介 > 弓執る心
http://ecoecoman.com/kyudo/book/general_yudoru_kokoro.html


息子3歳・娘5歳

2007/08/20(月) 09:03:06


8月4日、17日に誕生日を迎えた息子&娘、めでたく3歳・5歳になりました。
月日がたつのは早いぜ。

娘は着々とおしゃまさんになり、息子はやっと片言で話し始めました。

息子:「ちー」
娘 :「おしっこしたいって~」
息子:「らっこ、らっこ!」
娘 :「だっこして~だって」

と、通訳がいるので分かります。

そんな息子は今も下半身丸裸で、ちんちんひっぱって遊んでいます。
…このバカチンが!

ふぃ~、誰に似たのやら。


掲示板対応編[4/5] ストレス

2007/08/19(日) 17:26:26

う~ん、一人で貯めとくと無駄にしんどいので公開しておきます。
ある方とのメールのやり取りです。どれが誰のメールは記しませんが察してください。長いのでお暇な方だけどうぞ。

そして彼のことは温かい目で見守って欲しい。

--------------------------------------
2007/07/30
こんばんは、弓道のすすめの田中です。

私は君に警告を出しましたが、君の投稿からは反省された様子が見受けられませんでした。
(ペンネーム統一など一部は反省いただけたことは理解していますが、本質は理解されていないのかと思います。)

夏休みは特に学生の方のアクセスも多く掲示板は荒れがちです、その中で現在のままの君の発言を放置しておくことは確実に荒れにつながると判断しました。そのため、しばらく君はアクセス出来ないかと思います。

もし、未練が有るようでしたら夏休みが終わる頃に再度アクセスしてください。
夏休み中は私が教えた方法でWEBを検索したり、書物を調べたり、友人・師匠にお話を伺ったり違ったアプローチで勉強いただくと良いかと思います。掲示板も弓道のすすめ以外にも多々ありますし。夏休み後、上記を踏まえた上でわからないことを自己中心的にならない様にご質問いただければ問題なく迎え入れ可能です。

本メールにお返事いただいても対応方針は変わりませんので、返信は不要です。


--------------------------------------
2007/08/06
今、物凄いスランプです。泣きたいくらいに...実は、大会(3人立ち)が1週間後くらいに迫っています。私は、大落を担当します。大三から手の内が上押しを無意識にかけてしまいます。コーチからは中押しをきかせろと言われました(弓手の下筋をはれと)しかし、上押ししかきかなく、中押しが全くききません。そのせいで、掃き矢の嵐です。大会で後悔したくありません!勝ちたいです!そのためには、どの様に何処をどうすれば良いのでしょうか?立ちでは1中がやっとです。安土まで届くのは20射中1本あれば、今日は良いと思えるくらいに...前は8射中6中は余裕ったのに...せめて残りの1週間やって見ようと思います。弓は2寸伸の15Kで、私は結構手繰りますし、引きがデカイです。矢尻はオモオモでウェーターは2gのやつを入れてます。どうかアドバイスを下さい!
・の内容を送信したいのですが、パソコンも携帯もだめでした!夏休み中はコレだけでいいので、どうか!書き込みを…

--------------------------------------
2007/08/14
御久し振りですね。さて、田中さんは「夏休みが終わる頃に、再度アクセスすれば、今までみたいに、書き込むことが出来る」とおっしゃいましたね。いよいよ、夏休みも後少しです。なので、私はアクセスしてみましたが、表示されませんでした。どう言う事ですか?

--------------------------------------
2007/08/15
こんにちは、弓道のすすめの田中です。

回答が遅れ申し訳ありません。9月1日頃から閲覧可能になる予定です。

ただ、本メール・事前のメールからは、相変わらず自己中心的な
内容であり受け取り側の気持ちを理解しようとしている様には
読み取れませんでした。そのため、再度掲示板が荒れる可能性を
心配しております。

その際は、再度アクセス禁止になる可能性があります。
9月1日以降、閲覧できなくなった際には、無期限のアクセス禁止と
しますので復帰は無いとお考えください。

以上


--------------------------------------
2007/08/16
いきなりですが、矢を番える時に薬指と小指の間に乙矢を挟みますよね。しかし、私は、上手く挟めず、小指で矢を押さえてしまいます。スレを立てて、聞こうと思いましたけど、9月1日までは書き込むことが出来ないようですので、コツを御聞きかせ下さい。 審査が近いので、お願いします。

--------------------------------------
2007/08/17
何故、私ばかりが目の敵にされてしまうのですか?私が知る限り、最近、暴言で書き込みをしている人がいます。そう言う人は野放しにして、私だけ集中攻撃しない様に御願い申し上げます。私は、皆さんと仲良く、サイトを利用させて頂いきたいだけなのです。御理解して頂けましたか?

--------------------------------------
2007/08/19
こんにちは弓道のすすめの田中です。

正直君への返答に困っています。困っていたら結局勝手に携帯からの投稿が始まりました。やれやれです。君にはなんと書いたら「自己中心的な考え」から脱却できるのでしょうか? それがなくならない限り他投稿者と揉めるのが必至です。

「私だけ集中攻撃しない様~」という依頼もありますが、どちらかと言うと逆です。君だけを過保護していると言ってもよいでしょう。他のマナーの悪い方は「確信犯」なので、こちらとしてアクセス禁止なりスレッド削除してあげれば「やっぱり、自分の悪い所は認められないか」等認識されます。君には何度もメールでワザワザ指摘してあげているのにもかかわらず、未だに自身の問題点を自覚していない。(把握していればあんな投稿にならない)

先のメールを元にした投稿もそうです。
「審査が近いので~」なんて話は他の人には関係ないでしょうに。何故わざわざ納期を付けるのか? それは「君だけ」の都合でしょう? 書くことで投稿者へ、納期を守らせたいと無駄にプレッシャーを掛ける事になります。お止めください。

また、君が何をチャレンジして、どう駄目だったのかをもう少し書くべきです。
今のままでは他経験者に対して「自分は何にも努力しないけどうまくいかない、君たちはコツを知っているんだろう、僕は1週間後に審査があるから手っ取り早くコツを教えろよ」と君は言い方を変えて言っているに過ぎません。
乙矢を挟んでアンバランスなのは、2点保持していないだけでしょう? 1点で保持しようとすると不安定なのはあたりまえなので、矢と指の設置面積を増やせば良いだけの話です。こういった当たり前のことは考え、どの様なチャレンジをしてみたのでしょうか?

「コツを教えてください」「他のコツとかありませんか?」とか、君の過去の投稿は非常に容易に他人に聞きすぎています。何度も言いますが、自分で調べたり、チャレンジした結果を記載してください。自分の足を使っての勉強がきっと役に立つはずです。

ひとまず今回の投稿は様子を見て削除も何もしません。君が他投稿者とうまくやれれば結果オーライです。以降の投稿も口出ししません。ただし、君の言動が目に余れば再度管理人として適切な対応をします。(多分全削除)
PCの方も閲覧可能にしておきますので、過去ログをよく調べてみてください。
今までにも同じ質問があるかもしれません。

以上、今度はうまく行くと良いですね。君も私も。

(ちなみに、例によってこれらのメールのやりとりはBLOGで公開します。気にしている(君を応援している)方々もいるので)


--------------------------------------
2007/08/19
こんにちは弓道のすすめの田中です。

こんにちは、長文書いている間に沢山投稿されているようですね。。。。
新スレッドを立てるのは1週間に1スレッド程度に出来ませんか?
これ以上火種を増やさないでほしい。。

とりあえず、審査のスレッドは同じ投稿が3つ立っていたので1つにしました。

以上。


--------------------------------------
2007/08/19
すみませんでした!振り返って見るとその通りだと…審査のスレですが、3つ立ててましたか?1つ立てて見たら、消えてたので書き込みましたが3つになってたとは…御手数をおかけしました。


--------------------------------------

今はここまで。。ホント伝わっているのかは今後の投稿次第かと。
わざわざ揚げ足をとって茶化さないで、普通に投稿してあげてください。。


第3回 竹弓ワークショップ(柴田勘十郎 主催)見学

2007/08/15(水) 08:07:40


今年で早くも第三回。第一回は会社のOBが参加し、第二回は自分が参加し、第三回はちょっぴり見学してきました。

今回は初の女性4名を含めた総勢13名+前回参加者のお手伝い数人。

私は7日間の工程の3日目をご一緒させていただきました。写真は参加者が外竹・前竹(内竹)を薄く削っている作業中の様子です。上の写真は柴田さんの作業場での作業、下の写真は店先に作業用の床を追加しての店先での作業の写真です。「ガッ、ツルツル、ッシュ」っと手ガンナで竹を削る音、熱風をかき混ぜる扇風機の轟音、それぞれの弓談議等、非常ににぎやかです。



私は一泊して皆さんと一緒に酒を飲み交わし、弓談議・バカ話等で盛り上がってきました。やっぱり、合宿の乗りで皆さん超が付くほど楽しそうでした。いや、楽しいんですよ、暑くって疲れますが。皆さんの完成弓が見れなくて残念ですが、昨日帰省いたしました。ご迷惑おかけいたしましたがありがとうございました。もう半分ですので参加者の方、及び助っ人の方々がんばってください。

そして、おいしいお食事・宿場・弓講義と、柴田勘十郎さん及びご家族の方には大変お世話になりました。ありがとうございました。



そうそう、BLOG作成者さんや常連さんなど沢山いらっしゃいましたが、サイトのネタバラシは無しの方向でお願いします。

---------
竹弓ワークショップ in 京都 (2007年8月開催)
http://ecoecoman.com/kyudo/item/yumi_workshop_2007.html

竹弓製作の流れ
http://ecoecoman.com/kyudo/item/yumi_seisaku_01.html


京都突入

2007/08/13(月) 08:20:01

勝ちトンボさんに拉致られて、京都に来ています。

今日一日は柴田さんトコご厄介になります。ワークショップご参加の皆さんよろしいお願いします。

ちなみに昨年参加メンバーが数人一緒に最後まで作業するらしいです。助っ人になるか、ただの飲んだくれになるか…


帰省中に征矢弓具製作所さん訪問

2007/08/09(木) 23:59:59

北九州より一家そろって東京の片隅に帰ってきました。

お~、我が家は落ち着く、ってことで子供たちと共に夕方5時ごろからぐったりと寝入ってしまいました。(子供は引き続き朝まで睡眠)

弓道ネタを忘れない私としてはせっかく福岡に行ったので、征矢弓具製作所さんに顔を出してみました。ご存知の通りデビ杯で豪華ユガケ賞品提供元です。お礼を兼ねて訪問してきました。もちろん本当の目的は「ユガケのうんちくも教えてもらいたい!」ってことなんですが。

色々聞いてきましたが、とりあえず今日のところは以下のユガケ作成アニメーションでお楽しみください。今まで作っていた物をベースに、お話を聞いて修正した版です。(※まだ間違い等を含んでいる可能性が高いですので、今後にご期待ください。一度コメントもらわねば)



ユガケ作成アニメ(Flash)


--------------
征矢弓具製作所
http://www.soyakyugu.com/


イン北九州

2007/08/06(月) 04:48:01

昨晩の飛行機で嫁さんの実家・北九州に来ています。
久々の子供はかわいいですねぇ。(きっと直ぐに「小憎たらしく」なるのですが…)

佐賀のインターハイも近そうで遠い。。

メール・掲示板の不備等は、ダイアルアップ接続で見切れない可能性が高いので、東京に戻るまでお待ち下さい。


おくやみ:横山黎明

2007/08/05(日) 23:59:59

弓師:横山黎明(横山高芳)さんが五日お亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りします。

宮崎日日新聞社:横山黎明さん(都城市)5日死去
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=887&catid=83

横山黎明弓製作所 -都城弓製造業協同組合(写真左)
http://www.0986.jp/yumi/yum7.html


ユガケ師と手汗克服

2007/08/02(木) 02:05:43

週末にユガケの故郷・千葉弓具に顔を出してきました。
購入して早2年、一度も見せていなかったなぁ。。

最近自作竹弓20kg強も引くようになり、その次に15kgの松永佳也に戻ると握りがちなんですよね。と言うか、会に入ろうと弦を掴む事があって、たまに(チョクチョク?)暴発してしまいます。って言うのを道具側からも少しでも改善したいと思い、深くなった弦溝に鏝をあててもらい少し浅くしてもらいました。

他のお客さんもいたのでオヤジさんに話を聞けたのはちょっぴりだったのですが、「まぁ、キレイに使ってもらってますよ」との事。少しずつ汚れてきていたので、自己の作品を観るユガケ師さんに悪いなぁ~とも思っていたので、個人的には非常にうれしい言葉でした。



で、弦溝を治してもらってついでに内ガケを買ってきました。
ユガケを挿して使ってみましたが、「手汗が気になる部分」に対してもバッチリ内ガケが接しており手汗からユガケを守っている様子。昨年手首にバンドを巻くのなんので色々と物議をかもしだしていたのですが、最初っからこの長めの内ガケを買っておけばよかったよ。



こりゃ良いや。ってことで5枚ほど購入しておきました。年がら年中使うのでね。

しまったなぁ、おすすめのギリ粉を聞いてくるのを忘れたよ。

そうそう、ギリ粉の黒ずみはやっぱり薬品を使ったりして剥がすのはお勧めしないそうですよ。ユガケは皮質が命なので傷みやすいそうです。でも、あのベタベタっとする感触は使う人は分かるけど嫌な物ですよね。



ホーム > へなちょこ日記 > 2007年08月

(c)デビール田中 : 問い合わせ